特別養子縁組 普通養子縁組

特別養子縁組と普通養子縁組の違い

【スポンサーリンク】

特別養子縁組と普通養子縁組の違いは何ですか?

特別養子縁組と普通養子縁組。

 

同じ養子縁組ですが、どんな違いがあるのかご存知でしょうか?
養子縁組という言葉は知っていても、具体的なことは知らない方もいるでしょうし、
「特別養子縁組って何?」と思う方も多いでしょう。

 

では、どんな違いがあるのか、詳しくご紹介したいと思います。

普通養子縁組

目的: 「家」の存続などが理由。当事者の合意の上で縁組をするため、契約型縁組とも言える。

 

縁組の申立: 家庭裁判所へ申し立てをする。家庭裁判所が養親を調査し、
         実親の同意も確認した上で縁組が許可される。

 

養子の年齢: 養親よりも歳が若いこと

 

養親の年齢: 成人以上、未婚でも可能

 

実親との関係: 養子は養親の姓を名乗るが、実親との親子関係は存続する

 

戸籍の表記: 実親・養親の両方の名前が記載され、続柄は「養子」「養女」となる。
         但し書きには「養子(養女)となる届出…」と記される。

 

離縁: 養子と養親が合意をすれば可能。但し、15歳未満の養子は除く。
     成立までの期間:通常1〜2ヶ月

特別養子縁組

目的: 実親による養育が極めて困難な場合、子どもの福祉を守り、利益を図るため。

 

縁組の申立: 家庭裁判所へ申し立てをする。家庭裁判所が養親を調査し、
         実親の同意を確認して決定される(実親が不明などの場合は、この限りではない)

 

養子の年齢: 6歳未満(申し立ての時点)。
         但し、養育され始めた年齢が6歳未満の場合は、8歳未満とされる

 

養親の年齢: 夫婦の一人が25歳以上で、もう一人は20歳以上

 

実親との関係: 実親とは縁が切れ、養子は養親の姓を名乗る

 

戸籍の表記: 養親の名前のみが記載され、続柄は「長女」や「長男」などとなる。
         但し書きには「民法817条の2による裁判確定…」と記される。

 

離縁: 原則、養親からはできない。但し、子供にとって福祉を害する虐待などがある場合は、
     養子・実親・検察官の請求によって離縁が可能。
     成立までの期間:半年の試験養育期間を経て審判される。

相続権はどうなる?

大体の違いは、お分かりになりましたでしょうか?

 

どちらの形で養子になっても、縁組をした日から、実子と同様に養親の法定相続人にもなります。

 

それと同時に、普通養子縁組で養子になった場合は、
実親と養親の両方の相続権と扶養義務を持つことになり、借金などがあれば、
大変な負債も引き継ぐ可能性もあります。

 

しかし、特別養子縁組での養子は実親との縁が切れているので、実親の相続権は与えられませんが、
負債を抱える心配がありません。

 

この様に、相続などに関しても異なる部分が出てきます。

 

 

また、どちらかに子供がいる状態で再婚をした時は、
婚姻届と同時に養子縁組届を出すのが良いでしょう。(家庭裁判所の許可は不要です)

 

そうすることで正式な親子関係が成立し、同じ性を名乗ることが可能となります。

 

(15歳以上の子供は、本人の意思で養子となることを拒否する権利があります)

 

一見、縁のない養子縁組と思えても、子連れで結婚した時に関わることだということも覚えていて下さい。

スポンサーリンク スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ