赤ちゃんポスト 預けたい

とある主婦の証言

【スポンサーリンク】

私は施設に預けました。

私は、23歳の時にひとつ年上の彼と結婚をしました。
子供が欲しいと思い始めてから1年が経っても、子供に恵まれませんでした。

 

もともと、ひどい生理痛に悩んでいたこともあって、
下腹部の痛みに耐えきれず、救急車を呼んだことがあるほどでした。

 

 

それに加え、母親と姉が子宮の病気にかかったことがあり、姉は妊娠が出来ない身体に
なってしまっていたので、「もしかして私も病気が原因?」と考えるようになりました。

 

幸いにも、詳しい検査を行うことが決まった途端、妊娠が判明しました。

 

しかし、出産前に離婚をすることが決まり、長女を出産した後、離婚届を出しました。

 

離婚が決まった時には、もう中絶は出来ない時期でしたし、
赤ちゃんポスト自体ありませんでしたが、もし赤ちゃんポストがあったら、預けることを考えたと思います。

 

 

親や身内とは不仲なので頼ることが出来ず、一人で育てていく自信がなかったからです。

 

なんとか仕事と育児を両立していましたが、段々と子供との関係がおかしくなり始めました。

 

夜の仕事をしていた為、
子供の面倒をみるのが疎かになり、仕事のストレスを子供へ向けるようになってしまいました。

 

子供の素行は悪くなり、警察のお世話になることも出てきました。

 

ちょうどその頃、我が子を殺してしまった事件が話題となっていたので、警察の方からは、
虐待をしているのではと疑われることもありました。

 

 

そして、このままでは自分も子供を殺してしまうのではないかと思うようになりました。

 

 

悩んだ挙句、私は児童相談所へ相談をしに行く事を決意し、正直な気持ちを洗いざらい話しました。

 

 

その時、先ず言われたのは「今まで一人でよく頑張りましたね」でした。

 

その言葉に私は救われ、子供は施設へ入ることになりました。

 

 

周りからは「施設に入れるなんて…」と言われましたし、そう思われるのが嫌で、
一人で悩んでいる方がいると思います。

 

でも、何が正しいかは自分で決めれば良いのです。
色々な事情を抱えて出産した人、これから出産という人もいるかと思います。

 

 

私と同じ様に、相談できる相手がいない人もいるかと思いますが、
自分と子供の為に児童相談所で相談して下さい。

 

 

私の場合は赤ちゃんポストに預けた訳ではありませんが、預けることを考えるというのは、
子供のことを大事に思っているからです。

 

実際に預けた人も、そうだと思います。

 

我が子の幸せを願うのが親ですが、必ずしも、一緒に暮らすことが良いという訳ではないのです。

 

私は、子供と離れて暮らすことで、親子関係の修復が出来ましたし、子供は楽しい生活を送っています。

 

世間体など考えず、自分が「これでいいんだ」と思える判断は、まず児童相談所に相談して
それから最終判断をして欲しいと思っています。

スポンサーリンク スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ